校章

飯田市立竜峡中学校

学校からのお知らせを見る
〒399-2431 飯田市川路4370 TEL 0265-27-2163 FAX 0265-27-4653

学校からのお知らせ(携帯版)QRコード

2019 年 6 月 のアーカイブ

1学期期末テスト!

いつもなら、理科室の渡り廊下まで聞こえてくる歓声が、今日はちっとも聞こえてきません…。
今日は、1学期を締めくくる期末テスト(3年生は、第3回復習テスト)です。

最後まで諦めず、粘り強く取り組めているでしょうか…。

ふと3年生の昇降口に目を向けると、靴のかかとはもちろん、傘の向きまで整然とそろえられていました。
誰も知らないところで、誰かが、みんなのために行動してくれています。感謝!

ページの先頭にもどる

3学年進路講話!

先日、高校の先生方をお招きし、3学年進路講話が開かれました。
下伊那農業高等学校、飯田女子高等学校、飯田高等学校より、それぞれの校長先生が来てくださり、話をしてくださいました。

どの学校の先生も「目的をもって高校へ来てほしい」「自ら学ぶ姿勢を身につけてほしい」と、受験を目指す“今”大切にすべきことを熱く語ってくださいました。

運動部の中体連は終わりました。気持ちも新たに、頑張りましょう!

ページの先頭にもどる

アイマスク体験・高齢者疑似体験!

7月の福祉体験学習に向けて、3年生が『アイマスク体験・高齢者疑似体験』に挑戦しました。

階段を下りる、雑巾がけをする、新聞を読む等、普段何気なく行っていることに、いろいろな大変さがあることに気づきました。
また、互いに介助しあう中で、安心できる誘導の仕方、きちんと伝わる声のかけ方があることに気がつきました。
今回の学びを、夏の体験学習に生かしていきましょう!

疑似体験の道具は、社会福祉協議会からお借りしました。ありがとうございました。

ページの先頭にもどる

白熱!ビブリオバトル!

図書委員会による生徒会企画『ビブリオバトル』が開催されました。
白熱した3年生の教室のようすをお届けします。

短編・長編小説あり、SF・ラブコメ・学園ものあり、科学書やマンガまで登場する、彩り豊かなバトルとなりました。メモを片手に一生懸命紹介する姿、身を乗り出して一つの本を囲む姿、誰が紹介しても笑顔で受け入れる姿には、3年生の優しさを感じました。
チャンプ本に選ばれたみなさん、おめでとうございます!3年生のみなさん、お疲れさま!

両担任の最近のおすすめ本も紹介!
A組担任  『十二国記』シリーズ(小野不由美)
B組担任  『浜村渚の計算ノート』シリーズ(青柳碧人)

ページの先頭にもどる

全力前進 ~まだ見ぬ先へ~!

中体連下伊那大会を終え、一週間が経ちました。
南信大会へと勝ち進む人、これで部活動を終える人…。いろいろな思いがある中で、3学年の集会が行われました。

今年度の学年目標『全力前進~まだ見ぬ先へ~』を確認し合い、運動部の各部長から、下伊那大会の報告・南信大会への決意表明がありました。

それぞれの場所で、それぞれが頑張る。そのひたむきな姿勢を、学年全体で共有できるといいなぁ。
がんばるぞ、3年生!

ページの先頭にもどる

参観日&進路講話!

感環自然村代表の坂井公淳さんを講師にお招きし、進路講話が開かれました。


消防士・救急救命士としてのご経験をもとに「どんなことも、そのときにしかできないことがある。やりたいこと、やるべきことは、今その時にやった方がいい」と語ってくださいました。
中体連を終え、“受験”というものが現実味を帯びてきた3年生は、この言葉に、自身の決意を新たにしたようでした。

現在は、シアトルマリナーズを中心に、通訳・翻訳家としてご活躍されている坂井先生。ちょっとした体験をもとに、「見方が変われば、見えるものはまるで違う。違いがいい。違うことが楽しい」というお話もしてくださいました。
ただ「指を回す」という行為にすら、発見と驚きがありましたね。


イチロー選手や松井秀喜選手、前田健太選手から直接贈られたというサインボール、ベンチから駆け出すイチロー選手の写真に興奮する生徒たち。
“未来”への憧れや期待がふくらむ進路講話となりました。

坂井先生、それから、参観してくださった保護者のみなさま、本日は有難うございました。

ページの先頭にもどる

情報モラル講習会!

セーフティ総合研究所の南澤信之先生を講師にお招きし、情報モラル講習会が開かれました。

動画や写真をインターネット上にアップすると危ない。そういう認識がありながら、使うことを避けられないのがSNSであり、スマホやゲームであると思います。「ゲームやSNSは、中高生が依存するようにつくられている」というお話もありました。望むと望まざるとに関わらず、そういう事実を知り、責任を引き受けた上で付き合っていかなければならないのかもしれませんね。

「画像から位置情報が特定されるのは怖いけれど、それが良いことにも使われているので、難しい」
「今の時期なら、中体連で勝った人、負けた人がいて、その中で勝ったんだよ~なんて無責任なことを言うと、もし私が負けた側なら嫌な気持になると思いました。自分の立場だけでなく、様々な観点から考えることが大切なんだと思いました。」
(生徒の振り返りより)

ページの先頭にもどる

戦え、竜峡中!

中体連下伊那大会に向けて、壮行会(決意表明の会)が行われました。
3年生にとっては、いよいよ“最後”の大会が始まります。

こうして壇上に立ち、全校の前で思いを語る姿を見ると、「ああ、3年生だなぁ」という感慨がわいてきました。勝つにしろ、負けるにしろ、自分たちのこれまでの日々に後悔が残らないよう、戦ってきてくれることを願うばかりです。

校長先生が話してくださった『克己・平常心・感謝』を胸に、戦え、竜峡中!!

ページの先頭にもどる

全校道徳!

前期人権月間がスタートしました。
1カ月間を通したテーマは「自分らしく過ごせる竜峡中学校を創る」

1時間目の授業は、全校での道徳。
アイスブレイクを中心に、全校で、いろいろな人と関わり合いました。
最後に行った『インパルス』では、全校生徒が互いに手をつなぎ、右から左へと合図を送りあいました。先生から、記録が発表されるたびに、自然と湧き上がる拍手に、「あぁ、竜峡中生っていいなー」と感じました。

ページの先頭にもどる
nstanceEnd -->