校章

飯田市立竜峡中学校

学校からのお知らせを見る
〒399-2431 飯田市川路4370 TEL 0265-27-2163 FAX 0265-27-4653

学校からのお知らせ(携帯版)QRコード

2019 年 5 月 のアーカイブ

気づいていますか?

昇降口の黒板に、全校へあてたメッセージが書いてあります。そこには花もいけられています。本校のとある先生がやってくださっています。
みんなの“居場所”を、より居心地のよいものへと願い、いろんな先生方が心を砕いてくださっています。感謝。

打って変わって、こちらは3年生の理科の授業。
目には見えないイオンの動きを、『緑色のゼリー』でとらえる!
ゼリー…?と気になった方は、3年生にお尋ねください。(きっと鮮やかに説明してくれる!はず…。)

ページの先頭にもどる

ふるさと体験学習 1学年

 

去る5月23日にふるさと体験学習が行われました。

龍江、三穂、川路、の三地区からなる竜峡中学校区のことをより知ろう、と今年度から始まりました。

当日は各地区にある文化財や名所をそれぞれの地区の方々に説明していただき、その後見学を行いました。

自分の住む地区ではない場所にある名所の説明をメモを取りながら聞く生徒、

自分の住む地区の魅力に改めて気づかされる生徒、

様々な姿が見られました。

7月にはそれぞれの地区の事業所の協力を得ながらさらに学習を進めていく予定です。

ページの先頭にもどる

友達の存在

教育実習生の授業は学級だけにとどまらず、2学年全体で行う学年道徳でも授業をしました。

学びのテーマは「友達とは、どんな存在なのだろう。」です。

授業の中では、教育実習生の先生の思い出話を聞くことができ、生徒もその話に聞き入っていました。

ページの先頭にもどる

大詰め、教育実習!

ふたりの実習生との生活も、残りわずかとなりました。
本日は3年A組の道徳、3年B組の英語で実習生による授業が行われました。

3Bの英語は、実習の集大成となる研究授業。初日に比べ、実習生も生徒も、リラックスして授業に臨むことができました。

登場人物になりきり、相手の生徒をデート(歌舞伎鑑賞)に誘うB組の生徒。思わず笑顔がこぼれます。

ページの先頭にもどる

復習テスト!

先日、3年生は第2回復習テストを行いました。
休み時間、2年生の体験学習が行われている体育館を、うらやましそうに見つめる3年生…。
テストが始まれば真剣そのものです。

相変わらず「オワッタ…」というつぶやきが聞こえてきますが、何とおっしゃる、みんなの戦いはこれからです。

がんばるぞ、3年生!

ページの先頭にもどる

がんばれ、教育実習生!

3年A組で、社会科の実習生の授業が行われました。

班の話し合い活動では、子どもたちに寄り添い、明るい表情で頑張っていました。

未来の先生。がんばれ、実習生!

ページの先頭にもどる

交流レク!

生徒会企画による、全校交流レクが行われました。
生徒会スローガン『挙校一致』実現のため、「互いの顔と名前をおぼえ、全校の仲を深めたい」という生徒会長の願いのもと、簡単なレクリエーションと自己紹介を行いました。

相手の発表に、自然と拍手でこたえる姿があり、あちらこちらから笑顔が生まれていました。

部活動、竜峡タイム、交流レク…。いろいろなところで、学年を越えてつながっていきましょう。

ページの先頭にもどる

教育実習始まる!(再び…)

昨日より、新たに竜峡中学校に教育実習生を迎えました。
本校の卒業生であり、専門教科は社会です。

さらに、教育実習生による授業もスタートしました。実習生の緊張につられるように、緊張した様子で授業を受ける3年生…。担任は、生徒と実習生が、互いに高め合ってくれることを願うばかりです。

(余談)
生徒会室から、彼らが在籍した頃の生徒会誌を発見しました。
「絶対に子どもたちに見せないでください!」と照れる姿は、中学生と同じように、初々しくて良いものです。
がんばれ、実習生!

ページの先頭にもどる

教育実習が始まりました。

今月13日(月)より竜峡中学校に新しい先生が来ています。

教育実習の先生で、竜峡中学校の卒業生、専門教科は英語です。

 

英語の授業を受ける生徒と記録をとる教育実習生。

給食も生徒と一緒に食べます。

竜峡中の給食を久しぶりに食べられてよかったそうです。

教育実習の期間は3週間。ともに学び、先生が「先生」としてこれから頑張ってくださることを願いましょう。

ページの先頭にもどる

竜峡タイム!

全校縦割りによる、総合的な学習の時間『竜峡タイム』がスタートしました。

今年度は、「地域活性化」がテーマです。それぞれの講座で、他学年の人と、地域の人と関わり合いながら、学習を進めていきましょう!

ページの先頭にもどる
nstanceEnd -->