校章

飯田市立竜峡中学校

学校からのお知らせを見る
〒399-2431 飯田市川路4370 TEL 0265-27-2163 FAX 0265-27-4653

学校からのお知らせ(携帯版)QRコード

2011 年 2 月 のアーカイブ

百人一首大会

 1月21日に百人一首CMがありました。これまで短学活や授業・冬休みに一生懸命覚えた成果を出す晴れの舞台です。静まり返る体育館に響く読み手の声に耳を澄まし、上の句を読む間に素早く札をとる姿があちこちの班で見られました。結果は・・・優勝が2年A組

 個人での獲得枚数は異なりますが、全校が集中して取り組めた1時間は、文化的なよい活動になりました。  

ページの先頭にもどる

二学期を振り返って 5 職場体験報告会

 12月21日の道徳の時間を使って、学年内で「職場体験報告会」を実施しました。二つのグループに分かれて、一人ひとりがみんなの前で「体験職場」「体験内容」「学んだこと、感想」などを発表しました。実習当日の写真が映し出されると、みんなから歓声が上がり、ちょっと照れくさそうな表情で、しかし、一人ひとり堂々と発表していました。 今年は、三日間の職場体験であったことが、昨年度までと大きく違いました。特に、三日目は
 職場での緊張と気疲れがピークに達することから(大丈夫かなあ)と心配していましたが、全員  しっかり乗り切りました。 さて、皆さんの発表の中で印象に残った言葉がいくつかありました。

・「私が、職場体験させていただいた職場は…。」
・「社会に出て大切なことは、まず挨拶だと感じました。…」
・「あいさつと明るさが、その職場のいい雰囲気を作っている。…」
・「明るく笑顔で接することで、お客様もいい気分になれる。…」
・「あいさつをするときには、笑顔も大切だと思いました。…」
・「お客様がお店に来たときに、あいさつをタイミング良くすることも大切なんだ。…」
・「使う人の身になって心を配る。明るい笑顔が大切。」
・「自動車整備では、お客様の安全への気配りが大切です。…」
・「コミュニケーションは、自分から積極的に関わることが大切だと思います。…」

やっぱり、体験を通して学べた言葉には実感がこもっているなあと感心しました。

ページの先頭にもどる

二学期を振り返って 4 生徒会引き継ぎ

 11月29日に立会演説会が行われました。この立会演説会も6人の候補者、6人の責任者は、全校を前に、体育館に響き渡る大きな声で、背筋を伸ばし、堂々と演説する姿がありました。自分の考えをまとめスピーチ原稿をつくり、更にそれを短期間で暗記し、各教室を回り演説をし、3年生からの厳しい質問にも答え、そしてこの立会演説会を迎えました。演説会での発表の姿にも表れていますが、この選挙運動期間での経験が6人の候補者の人たちを大きく成長させました。またどの候補者、推薦責任者も見事な二人三脚で頑張っていました。

 投票の結果、新三役が決定しました。そして、この3人を中心とした新生徒会役員が今月中には決定します。いよいよ2年生が生徒会の舵をとります。どんな竜峡中学校になっていくか、楽しみです。

ページの先頭にもどる

二学期を振り返って 3 駅伝クラスマッチ

 11月19日に、駅伝クラスマッチが行われました。3年生は中学生活最後ということもあり、表情に気持ちが表れ気迫がみなぎっていました。当日は好天に恵まれ駅伝に絶好なコンディションでした。3年生全員が、最初から気合いの入った表情にラストの駅伝にかける思いが伝わってきました。緊張とあまりの気合いに空回りしすぎないようにと願っていました。しかし、やはり3年生!!緊張にも負けず、全力で走りきりました。結果は、3Aは50分52秒で全体の3位・3Bは49分07秒で2位という結果になりました。さまざまな思いが残ったクラスマッチだと思いますが、うれしさや悔しさを感じられる良い時間となりました。必ず、リベンジしたいですね。次の竜峡ギネスで…。 

 

ページの先頭にもどる

二学期を振り返って2 農業体験学習発表会

 11月5日に1学年の農業体験学習発表会を行いました。お世話になった農家の方3名とたくさんの保護者のみなさんの前で、特に印象的だったことや新しくわかったことなどを、写真やイラストを用い、寸劇なども交えながら発表しあいました。体育館という広いスペースでの発表で、前日のリハーサルよりも緊張して声が小さなグループもありましたが、今後の課題として、「相手に伝える意識」を持って「相手に聞こえる声量」で「自信を持って」発表できる姿を目指していきましょう!

ページの先頭にもどる

二学期後半を振り返って1 郡音

 11月8日は、この日のために歌い込んできた『河口』を他校に発表する郡市連合音楽会がありました。朝7時20分から体育館で練習をし、文化会館に向けて出発しました。会場に着くと独特の雰囲気と他校の人数の多さに驚きながらも出番を待ちました。郡音のために、毎朝練習を重ねてきました。最初は、竜峡祭も終わりほっとしていたので、郡音という気持ちが薄いかなぁと少し心配しましたが、歌い込むほど気持ちも高まってきていました。時には、山﨑先生から気合いを入れていただきながら本番を迎えました。緊張した顔で舞台へ登っている姿に『大丈夫かな』と不安でしたが、曲が始まると今まで以上の力を発揮していました。曲が終わった瞬間に拍手があり、見てくれていた方々の気持ちが伝わる瞬間でした。この頑張りをこれからに生かしていきましょう。そして、朝役員で忙しい中山﨑先生が練習を指導してくださいました。本当に感謝したいと思います。皆さんも、引率してくださった校長先生や練習を見てくださった山﨑先生、学校の先生方、合唱を聞きに来てくださった多くの保護者の方々に感謝の気持ちを伝えましょう。

ページの先頭にもどる
nstanceEnd -->